飲食店営業(風俗営業)許可申請

飲食店営業(風俗営業)許可申請

概  要

カフェや居酒屋、ラーメン店などの飲食店営業には、「保健所」からの営業許可が必要です。
営業許可を受けるためには、一定のポイントを押さえないと後々内装工事の手直しが発生して追加で費用が掛かったり工期が伸びたり、また最悪の場合は申請物件では許可を受けれないといったことが起きる可能性がございます。
そのため、事前の相談が非常に重要となります。

また、BARなどの深夜(通常午前0時〜)に酒類(アルコール)を提供する場合、「警察署」に別途届出が必要となります。
この際も、テナント物件の構造によっては届出が受理されないことがございますので、テナント契約前にぜひご相談下さい。

※ 現在、「風俗営業許可申請(1号許可)」のサービスも準備中ですので、もう少しお待ち下さいませ。

サービス内容

① 飲食店営業許可申請(移動・臨時のものを除く。)
※ 別途、申請手数料および食品衛生責任者の登録講習費用が掛かります。
55,000円〜(税込)
② 深夜酒類提供営業届出
77,000円〜(税込)
③ 製造たばこ小売販売許可申請(出張販売許可レンタル紹介)
※ 申請が許可であった場合、別途登録免許税が掛かります。
77,000円〜(税込)
④ 風俗営業許可申請(第1号許可)ex.キャバクラやガールズバーなど
※別途、申請手数料が掛かります。
220,000円〜(税込)
・弊所への報酬とは別に、申請・届出に際し各役所に納付すべき「手数料」等は別途ご負担いただく必要がございます。

・手続きにより、許可(受理)までの期間が異なりますので、申請・届出をお考えの方は事前にご相談ください。

よくあるご質問

Q
飲食店営業許可申請に伴う「申請手数料」および「食品衛生責任者の登録講習費用」はいくら掛かりますか?
A

地域によって異なりますが、保健所に支払う申請手数料は新規申請の場合は概ね「16,000〜18,300円」、継続申請の場合は概ね「8,000〜9,000円」程度、食品衛生責任者の登録講習費用は概ね「11,000〜12,000円」程度となっております。

Q
「食品衛生責任者」とはどのような資格でしょうか?
A

食品関係営業を行う場合において、食品衛生法の規定にもとづきその設置が義務付けられているものです。

食品衛生責任者に該当するには、①調理師や栄養士、製菓衛生士等の資格を有する、または②「食品衛生責任者養成講習会」に参加し受講修了者となる、のいずれかを満たす必要があります。

※ 食品衛生責任者養成講習会は。各都道府県ごとに開催されています。